« 月球儀KAGUYAと渡辺教具製作所 | トップページ | 草加駅東口にあった自転車はどこへいった »

2014年1月11日 (土)

メルマガ再録:科学と科学技術は違うんだよ。。

 ちょうど昨日、「月探査船KAGUYA」のネタを書いたところで、「草生人メルマガ」バックナンバーから「科学」のことに触れたネタを転載する。

「科学と科学技術は違うんだよ。。」
 2013年4月25日発行【草生人メールマガジンVOL.21】に掲載したもので、ちょうど福山雅治主演のテレビドラマ「ガリレオ」をやっていた時。

 こんなこと書いているから私が理科系女子かというとそうではない。「ロマン」部分は好きだが、数学は苦手だった。
 こんなブログ読んでしばし考えちゃったりしたけど。


 子供のころは今よりも「男子」「女子」と分けられることに割と腹を立てていたけれど、保育園で0才〜1才児みていて考えが違っていたことがわかった。男女違う。あきらかに違う。生物学的な違いは絶対にあるんだなって。

 まあそれはまたいつか考えてみようかな。
 とりあえず再録。

 4月から始まっている福山雅治主演の「ガリレオ」シーズン2。以前のシリーズも意外な科学トリックをおもしろく見ていたので今期も視聴。
 1回、2回を見た限りでは、「科学トリック」の部分が弱いところと、湯山教授が以前よりイジワルになっている(ような気がする)ところがちょっと心配。
 
 さて、第1回目のドラマは、科学と宗教の話。湯山准教授の決めゼリフとして、よく知られているフレーズ「宗教は信じるところから始まるが、科学は疑うところから始まる」が登場するが、それはさておき、「宗教を信じる」と同列の言葉として「科学を信じる」というセリフが出てきて、それが気になったのだ。もちろん、湯山准教授のセリフではないですよ(^_^;)
 
 「科学」って言葉を使うのはどんな時だろう。『科学の力ってスゴイね』とか、『科学好きだよ、物理とか生物』。
 これ、1つめには「すごいのは『科学技術』でしょ」、2つめには「それは科目の名前」というつっこみを心で入れてしまうが、確かに間違ってはいない。
 ただ、(ドラマでだれかが言っていた)「科学を信じる」というのは、ちょっと違うと思う。

 科学っていうのは、今この世の中に存在するもののしくみやからくり(本当のこと=真実)と、それを探求すること(学問)だと思っている。
 なぜそこにあるのか、なぜそうなってるのか、それを調べて考えて解き明かす。

 理科の勉強がキライ、っていう子どもに以前話したことがある。今、ここで生活している身の回りすべてが「科学のネタ」だって。

 お湯が沸くと泡が出るのはなぜか。
 灯りが明るいのはどうしてか。
 太陽が東から出て西に沈むのはどういうしくみか。 

 その理由の説明(理論・知識)、それを考えることが「科学」。理科っていうのは、身の回りのいろんなことを「深く知る」ことなんだよ。って。

 そして、その理論や知識を利用して、実際に人の生活に役立つ具体的な薬や装置などを作ることが、「科学技術」。

 「科学を信じる」というのは「科学技術を信じる」ってことなんだけれど、けっこうみんな混同して使っているよね。

 私が子どもの頃、身の回りについてよく「なぜ」という子どもだったらしい。それに対して、なんとか説明してくれたのが父だったらしい。そう「空はなぜ青いの?」的なもの。
 「らしい」というのは、そういう「なぜ」を言っていたのが小学校低学年までで、私自身にあまり記憶が無いからだ。母親によれば「(父が)よくちゃんと質問に答えてえらいなあと思っていた」そうだ。私がけっこう理科系のことが好きなのは(成績とは関係はないけど(^_^;)、このときの体験があったからなんだろうと思う。

 大人になると、生まれた時からそうなっているものについて疑問を持たなくなってしまうけれど、まだそれが「常識である」と認識していない小さな子どもにとっては、すべてが未知の世界だもんね。

 リンゴが落ちるのを見て重力に気がついたとか、星々が輝くのを見て宇宙に果てがあるのだと考えたとか、「常識」を疑わないと気がつかない。
 
 え?なぜ星々が輝くと宇宙に果てがあると考えるんだって?
 もし宇宙が無限に広がっていて、時間もずっっと続いているのだとしたら、宇宙の果てにある星々の光も長い時間かけて全部届くから、空は星でいっぱいになり、夜の空も明るいはずと考えた、という話。

 「科学」関係でもひとつ超有名なフレーズを思い出した。「充分に発達した科学技術は、魔法と見分けが付かない」。「科学マジック」はここからきている。

 そういえば5月25日には、草加市文化会館で「米村でんじろう先生のサイエンスショー」が行われる(※2013年5月25日開催)。
 子どもが小さかったらきっと行っていただろうな。

« 月球儀KAGUYAと渡辺教具製作所 | トップページ | 草加駅東口にあった自転車はどこへいった »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メルマガ再録:科学と科学技術は違うんだよ。。:

« 月球儀KAGUYAと渡辺教具製作所 | トップページ | 草加駅東口にあった自転車はどこへいった »