« メルマガ再録:科学と科学技術は違うんだよ。。 | トップページ | この日はいつも首都直下型地震のことを考える »

2014年1月16日 (木)

草加駅東口にあった自転車はどこへいった

 今日もまたメルマガの原稿を遅れて書いていた。
 5のつく日に発行なのに、最近ほとんど5のつく日に出たことが無い。反省せねばならない。
 読者のみなさま、いつもすみません。

 実は今回もまた理由がある(^_^;)
 今日は「草生人2014年冬号」のデータを印刷に回したのだ。つまり、印刷データ完成を優先したってこと。記事の構成を一部変更たり追加取材したりで1か月遅れてしまった。中3日ほど印刷にかかるので、配付開始は来週になる。


 さて草加駅東口。
 

1月15日(水)から草加駅東口の駅前広場等への駐輪を禁止します

 いったいどうなっているかと思って、15日の午前中、草加駅東口のヨーカドー前に行ってみた。
 本当に自転車が無かった。いつも自転車の列の間を通らなくちゃいけなかったが、いまはひろびろした空間がある。
 確かに前日までは膨大な自転車がそこに並んでいたのだ。
 みんなどこに行ってしまったんだろう。

 一応、ラックのある駐輪場が、駐車場入り口の横とか、銀行の前とか、ヨーカドーの裏とか、交番の横とか、ちまちまと用意してある。また、西口にもゲート方式の駐輪場がある。けれどラック式は2時間、ゲート式は3時間を超えると費用がかかってしまう。

 たとえば草加駅周辺のスーパーやコンビニで働いているパートの女性とか、塾に通っている中学生とかが利用していたんじゃないかな、そんな人たちはどうしているのかな、とかなり人ごとながら心配になってしまっている。

 今まで当然のようにあったものが無くなるって、それが不便な状況だったとしても、不安になるもんだね。

« メルマガ再録:科学と科学技術は違うんだよ。。 | トップページ | この日はいつも首都直下型地震のことを考える »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30275/58956702

この記事へのトラックバック一覧です: 草加駅東口にあった自転車はどこへいった:

« メルマガ再録:科学と科学技術は違うんだよ。。 | トップページ | この日はいつも首都直下型地震のことを考える »