« 「サポーター会員カード付きカレンダー」販売しますm(__)m | トップページ | 実はリアルタイムで情報聞いていた「チャレンジャー爆発事故」 »

2014年1月27日 (月)

「モモタローの大冒険」を見に行ってきた

 昨日、草加市文化会館で行われた、市民参加型の音楽劇「モモタローの大冒険〜おとぎの世界をめぐって鬼アイランドへ〜」に行ってきた。
 草生人冬号「音楽特集」の取材で、草加文化会館を運営する草加市文化協会の事務局長、秋山さんにお話しを伺った時にぜひぜひとお誘いいただいたのだ。

 この「歌とダンスのファンタジー」はすでに5回目。
 プロの演奏家や市内のさまざまな音楽団体と、公募して集った3才から80才までの一般の人が、半年間のワークショップを経て作り上げる音楽劇だ。登場人物の語りでストーリーが進行し、その間にお話にかかわる演奏やダンスが披露される。

 会場はほぼ満席。出演者の多くが草加市民。家族や友人、知人や先輩の晴れの舞台を見に来た人達でいっぱいだった。

 お話の内容はさておき、ちょっとびっくりしたのが、全員語りがすごく上手かったことだ。特に主人公クラスの子供たちのおしゃべりのうまさは、そのままNH○の天テ○あたりに出演できるんじゃないかって思ったくらいだ。大人の方もみなさん味があり、素人ではないのではと思った。
 これは舞台を作り上げている演出家、西村氏の力なんだろう。

 見終わったとき、出演者全員でフィナーレの歌を歌いながら笑顔で挨拶するシーンでは、なんだかとっても幸せな気分になってしまった。
 草加市という大きな学校で年に一度開催される素敵な文化祭。
 学校の文化祭も、準備期間の、だんだん盛り上がっていくドキドキがが楽しいように、毎回の練習もきっと楽しかったんじゃないかな、見ているだけじゃなくて、参加したら楽しいかもしれないな、そう思わせる舞台だったと思う。
 いやもちろん私が参加したいって思ったわけではなく(^_^;)、たとえば学生時代に演劇部だったとか(娘の友人のお母さんが出演していてびっくりしたら、実はそうだったとのこと)吹奏楽部だったとか、そういう経験がある人は、惹かれるものがあるんじゃないかな、と。
 

 2月は毎週末が音楽イベントだ。

 2日は「ドレミファそうかコンサート」
 9日は「草加ミュージックフェスティバル」
 16日は「草加市民音楽祭 吹奏楽フェスティバル」。

 私は2日、16日に行く予定。またちょっと幸せな気持ちになってくるかな(^_^)

« 「サポーター会員カード付きカレンダー」販売しますm(__)m | トップページ | 実はリアルタイムで情報聞いていた「チャレンジャー爆発事故」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30275/59020736

この記事へのトラックバック一覧です: 「モモタローの大冒険」を見に行ってきた:

« 「サポーター会員カード付きカレンダー」販売しますm(__)m | トップページ | 実はリアルタイムで情報聞いていた「チャレンジャー爆発事故」 »